ページトップへ戻る

セントラル総合開発 CLARE HOMES (クレアホームズ)の新築マンション・分譲マンション・新築一戸建て・分譲一戸建て

  • 建物・住まいに関するご質問
  • モデルルームの見学について
  • ご購入・ローンに関するご質問
  • 暮らしに関するご質問

建物、すまいに関するご質問

Q1.
クレアホームズの耐震性能について教えてください。回答を見る

A1.
クレアホームズのマンションは地盤調査を行ったうえで、その地盤に最も合致した強固な杭工法を採用し、コンクリートや配筋にも耐久性に優れ高い強度を実現する材料、工法を採用し耐震性能を高めています。
また、国土交通省認定の第三者機関による、耐震性をはじめとした住宅の品質を客観的な等級で評価する、住宅性能評価制度に基づく住宅性能評価書を取得しています。

Q2.
マンションの耐久年数は何年くらいですか。回答を見る

A2.
近年に建設されたマンションで住宅性能評価の「劣化対策等級(構造躯体等)」の項目で「等級2」を取得しているものについては50年~60年、「等級3」を取得しているものについては75年~90年の耐久年数が期待できると言われています。

Q3.
長期修繕計画について教えてください。回答を見る

A3.
鉄筋コンクリートのマンションも、年月が経てば風雨や直射日光等の影響を受け劣化が進みます。屋上や外壁の劣化を放置しておけば、雨漏れの原因になるだけでなく建物本体にも重大な影響を生じます。
このようなことを未然に防止するためにも、20年先、30年先を見通した長期修繕計画を作成し、定期的に修繕を行なっていかなければなりません。

Q4.
将来リフォームは可能でしょうか回答を見る

A4.
事前に管理組合の承認が必要になりますが、専有部のリフォーム工事は可能です。
但し、水廻り位置等の大幅な変更などは難しい場合もあります。また、管理規約に定められている禁止事項(主要構造部に影響を及ぼす行為等)、使用材料(フローリング遮音性能)等について予め確認をして下さい。

Q5.
新築マンションを買うか、中古マンションを買うか悩んでいます。回答を見る

A5.
新築マンション購入のメリットは次のものがあります。
      
  • 売主が企業であるために、アフターサービスや瑕疵担保責任などの保証がしっかりしています。
  • 仲介手数料がかからないため、中古マンション購入と比較して一般的に購入時にかかる諸費用を抑えることができます。
  • 設備には最新のものが採用されていることが多く、一般的に快適性や利便性が高くなっています。
  • もちろん未入居なので、すべてが新品です。
  • 中古マンションと比べて税制優遇や住宅ローンの金利優遇を受けやすい。
  • 同じマンション内で間取りや階数など比較検討できる。
  • カラーセレクトやオプションなど、好みに合わせた変更ができる。(工事の進捗状況等により対応出来ない場合がございます)


    中古マンション購入のメリットは次のものがあります。
  • 新築マンションと比較して割安。
  • 実物を見て検討することができる。

Q6.
徒歩何分ってどれくらいの距離ですか?回答を見る

A6.
成人女性がヒールを履いて歩いた状態の基本にしており、80メートルの距離を「1分」とした計算です。

Q7.
マンションと一戸建て、どちらを買うか悩んでいます。回答を見る

A7.
ご検討中のマンション、一戸建てそれぞれのメリット、デメリットをリストアップしてみましょう。
購入価格、広さや間取り、勤務先や学校への通勤利便、地域の環境、光熱費や住居のメンテナンスにかかる費用、建物の耐震性やセキュリティについてなどを比較検討され、ご家族全員の生活スタイル、ライフプランの面からもじっくり考慮されることをおすすめします。

モデルルームの見学について

Q1.
モデルルームの見学は予約が必要ですか回答を見る

A1.
ご来訪いただいたお客様にはご見学に充分な時間を取っていただけるよう、可能であればあらかじめご予約をお願いしています。
特に土日は混雑が予想されますのでお早目のご予約をおすすめいたします。

Q2.
モデルルームでチェックすべきポイントは?回答を見る

A2.
販売センターに建物模型が設置してある場合、マンションの全貌をチェックすることができます。
モデルルームは実際に購入を検討されているお部屋とは違う間取りの場合がありますが、建具や水廻りの設備、収納の使い勝手、お部屋の天井高などをチェックしましょう。
また、質問はあらかじめリストにして持っていくとよいでしょう。

Q3.
今すぐ購入の予定がなくてもモデルルームを見学できますか?回答を見る

A3.
もちろんご見学いただけます。
まずは見て、触れて、ご納得いくまでご見学ください。

Q4.
完成前と完成済のマンション、どちらを見学に行くのが良いですか。回答を見る

A4.
どちらにもメリットがあります。完成済のマンションであれば実物のお部屋がご覧いただけますので眺望、日当たり等をご体感いただき、より安心してご購入いただくことができます。完成前のマンションであればお部屋の間取りの変更、カラーセレクト、建設段階でなければできないオプション工事等が可能になります。もっとも、完成前のマンションであってもお客様にご安心してご購入いただけるよう建物模型、モデルルーム、各種資料を用いて商品のご案内を致します。

Q5.
モデルルームの見学時間はどれくらいになりますか?回答を見る

A5.
ご見学いただくモデルルームの部屋数にもよりますが、物件のコンセプト、周辺環境、設備仕様等、ひととおりご説明させていただくと約2時間程になります。また、ご希望のお客様には簡単な資金シミュレーションもさせていただきます。

Q6.
モデルルーム見学の際、収入の証明書など必要なものがあれば教えてください。回答を見る

A6.
資金計画のシミュレーションをご希望の場合には源泉徴収票をご用意いただくとスムーズです。

Q7.
購入から入居までの大まかな流れを教えてください。回答を見る

A7.
一般的には以下のような流れになります。
  • モデルルームのご見学
  •     ↓
  • 住宅ローン等の資金計画、住宅ローンの事前審査
  •     ↓
  • ご購入住戸の決定、購入申込。
  •     ↓
  • 手付金のお支払い、マンションの売買契約
  •     ↓
  • 住宅ローンの本申込(住宅ローンご利用の方のみ)
  •     ↓
  • 住宅ローンの金銭消費貸借契約(住宅ローンご利用の方のみ)
  •     ↓
  • 入居説明会、内覧会
  •     ↓
  • 売買代金、諸費用のお振込、住宅ローンの実行、鍵のお引渡し
  •     ↓
  • ご入居

ご購入・ローンに関するご質問

Q1.
分譲価格以外にどのような費用がかかりますか回答を見る

A1.
住宅ローンをご利用になる場合は融資手数料、ローン保証料、抵当権設定費用、火災保険料などが必要となります。
また、団体信用生命保険への加入が必要な場合がありますが多くの場合は金利に含まれています。
その他、印紙税、不動産取得税、固定資産税・都市計画税などの税金、登記に必要な登録免許税や司法書士報酬、将来の修繕に備える修繕積立基金、管理を開始するにあたり必要な経費を賄う管理準備金等が必要になります。

Q2.
団体信用生命保険とはどのような保険ですか回答を見る

A2.
長期にわたって返済する住宅ローン、返済中もし万が一のことがあったら家を手放さなくてはならない、というようなことがないように、本人が返済途中で死亡、高度障害になった場合に生命保険会社が住宅ローン残高を支払うという保険です。
民間金融機関の多くは住宅ローンの借入に当たって団信加入が条件になっていますが、フラット35の場合は任意加入となります。

Q3.
買い替えについて回答を見る

A3.
現在のお住まいを相場等を踏まえて査定させていただき、査定金額をベースに新たに購入されるマンションの契約を締結することが可能です。
査定金額で売却できない場合は、契約を白紙解約する条件を付加することも可能です。
また、売却しても現在のお住まいのローンが残ってしまうという場合でも、ローンの残りの部分を補填する「買い換えローン」を利用できる場合がありますのでご相談ください。

Q4.
頭金がなくても購入できますか回答を見る

A4.
低金利な今のうちにぜひとも購入したいが頭金がない、頭金を貯めてから、という場合でも、購入金額全額のローンを組むことが可能です。また、諸費用なども含められるローンもあります。
ただし、金融機関の融資審査によっては借入できない場合もありますのでご了承ください。

Q5.
転職して間もないのですが、住宅ローンの審査には通りますか。回答を見る

A5.
お客様の状況により異なりますが、転職後間もない方であっても住宅ローンを利用してご購入いただいた方も数多くいらっしゃいますので、モデルルームの営業担当にお気軽にご相談ください。

Q6.
外国籍でも住宅ローンは組めますか?回答を見る

A6.
永住許可、帰化等の資格をお持ちであれば金融機関で審査の対象となります。また、永住許可・帰化の資格がなくても一定の条件を満たすと審査対象となるケースもございます。
ただし金融機関によって条件等が異なりますので、詳しくは金融機関に予めご確認下さい。

Q7.
繰り上げ返済について教えて下さい。回答を見る

A7.
借入中の住宅ローンを途中で返済する方法です。途中で返済することにより、月々の返済額はそのままで残りの返済回数を減らす「期間短縮型」と返済回数はそのままで月々の返済額を減らす「返済額軽減型」があります。
なお、繰上返済手数料がかかる金融機関もございますので予めご確認下さい。

Q8.
地震保険について教えてください。回答を見る

A8.
地震保険は、火災保険で補償されない地震・噴火またはこれらにより発生した津波、液状化による損害を補償するもので、火災保険へのご加入が必須となります。地震保険の契約期間は最長5年間となっております。
なおセントラル総合開発では保険代理店事業も行っておりますので保険内容についてのご説明やご加入の相談も承っております。

Q9.
自分の収入で購入できるか、不安です。回答を見る

A9.
住宅購入の目安として「ローンの返済額が年収の20%~25%」という話を耳にしますが、賃貸住宅にお住まいで現在今支払っている家賃等と同額であれば無理のない返済は可能と考えられます。ただし、マンションを購入した場合は、住宅ローンのほかに管理費、修繕積立金、固定資産税などのコストがかかりますのでそれらの費用も含めてシミュレーションしてみましょう。
各モデルルームでは、生命保険会社のファイナンシャルプランナーを招き、ライフプラン相談会という形で住宅購入の資金面の不安解消のお手伝いをさせていただいております。ご希望者の方は各モデルルームの営業担当に参加希望の旨をお伝えください。

Q10.
住宅ローン控除について教えてください。回答を見る

A10.
住宅ローンを利用してマンションなど住宅を購入した場合、その取得に係る住宅ローンの年末残高の合計額等を基として計算した金額を、所得税額から控除するものです。
現在の制度では、控除を受けるためには購入した住宅に実際に居住している、10年以上にわたって分割返済する借入金があるなど一定の要件があります。
控除期間、控除率は国税庁のホームページ等でご確認下さい。

Q11.
すまい給付金について教えてください。回答を見る

A11.
消費税率引上げに伴う住宅購入の負担を軽減することを目的に住宅ローン控除に加えて新設された制度です。住宅購入をした場合に一定額の現金が給付されます。給付を受けられる方の要件や給付額についての詳細は「すまい給付金」公式サイトをご覧下さい。
http://sumai-kyufu.jp/

暮らしに関するご質問

Q1.
ペットを飼う事は出来ますか回答を見る

A1.
管理組合の許可が必要になりますが、ペットの飼育は可能です。但し、管理規約に定められている飼育できるペットの種類、制限がありますので予め確認をして下さい。
また、他の居住者に迷惑が掛からないようルールを守ることが必要です。

Q2.
マンション管理組合に加入しないといけませんか?回答を見る

A2.
区分所有者は全員が組合員で、脱退することは出来ません。
また、組合員は総会の決議に加わる権利とともに、管理規約等を守り管理費等を負担する義務があります。

Q3.
マンションの防犯対策について教えてください。回答を見る

A3.
クレアシリーズのマンションでは機械監視システムにより共用部分だけでなく、専有部分のセキュリティー情報も365日・24時間体制で総合監視しています。
また、多重ロックシステムの採用、エントランスやエレベーター内等に防犯カメラを設置し、防犯に考慮しています。(内容はマンションにより異なります。)

Q4.
管理費の使い道について教えてください。回答を見る

A4.
管理費は、共用部分の光熱費、共用設備の維持点検および補修費、清掃費、損害保険料、管理員の人件費、管理手数料などに充てられます。

Q5.
万が一、購入したマンションに不具合が見つかった場合はどうすればいいですか。回答を見る

A5.
大前提として不具合がないように社内で十分な検査を行ってはおりますが、万一不具合が発見された場合には、弊社で定めております「アフターサービス規準」に則って対応いたします。

Q6.
入居後のマンション内での交流イベントはありますか。回答を見る

A6.
それぞれのマンションによって異なりますが、防災訓練、年末年始に餅つき大会、他マンション独自のイベントを随時行うことにより、他の居住者との交流を深めるきっかけにしているマンションもあります。このような交流イベントは管理組合活動の活性化にもつながっています。